Portrait / 南の人

  • portrait001
  • portrait002
  • portrait003
  • portrait004
  • portrait005
  • portrait006
  • portrait007
  • portrait008
  • portrait009
  • portrait010
  • portrait011
  • portrait012
  • portrait013
  • portrait014
  • portrait015
  • portrait016
  • portrait017
  • portrait018
  • portrait019













1986年、当時13才の私は、新聞記者だった親に連れられてアメリカへ渡りました。

ハイスクールの頃、絵描きの母と姉に対抗し、私は写真で表現したいと思うようになります。ニューヨークの美術大学で写真を専攻。卒業後もニューヨークに残り、写真家として活動を始めました。

駆け出しの写真家として必死に暮らす毎日。忙しさに追われる日々に不安と疑問を抱き始めたころ、祖父の生まれた沖縄を旅してみようと思い立ちます。1999年の夏でした。

珊瑚礁の島は、まさに楽園そのものでした。

私が暮らしていたニューヨークは、自由な空気が流れる魅力的な街。世界中の金持ちも貧乏人も入り混じり、何が起こるか分からないワクワクするような場所です。しかし訪れた沖縄の島は、ニューヨークのそれとはまったく別の、強烈な魅力に包まれていました。

あっけらかんと晴れ渡った青い空にはモクモクと入道雲が広がり、ワサワサと風に揺れるバナナの葉、原色のピンクと赤紫に咲き乱れるブーゲンビリア、たわわに実を付けたパパイヤにパッションフルーツ。そしてそこに暮らす人々は、自然と直結したようなたくましさと生命力に溢れていました。

秋にニューヨークへ戻った私は、荷物の整理をし、その年の冬には13年間暮らしたアメリカを後にします。沖縄のはるか南、人口300人の小さな島に移り住んだのです。濃密な島文化の中、それから10年の時が経ちました。

「南のひと」は、私が暮らす沖縄の島でともに生活する隣人を撮影したシリーズです。 
夕日にたたずむ思春期の少女、海大好きの青年、満開のブーゲンビリアと友人の母、小粋な婦人とパパイヤの木‥‥。その一人一人が一番大事に持っている空気や光を凝縮して撮影
しました。 流れ往く時の中、人々とともに生きてきたからこそ、「南のひと」は生まれました。


2009年3月